2018~2019年 掲載論文・記事リスト
2016~2017年掲載論文・記事リスト
サイト説明・操作方法
1980~2015年掲載論文・記事リスト
2018~2019年 掲載論文・記事リスト
192Ir高線量率密封小線源の測定における線源形状補正係数の算出(Vol.68,No.9(2019))
低線量環境下での原木シイタケ栽培用ホダ木の放射能濃度の屋外検査用スクリーニング装置(Vol.68,No.5(2019))
活性炭素繊維フィルタに関する空気中のCH3[131I]の捕集効率とGM 管測定(Vol.68,No.11(2019))
活性炭ラドン収集器の校正係数の導出とその有効性評価(Vol.68,No.5(2019))
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第3回 陽電子放出核種(11C,13N,15O,18F)による内部被ばくのモニタリ
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第2回 軟β核種(3H,14C等)による内部被ばくの評価(No,763(2019.
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第1回 放射性ヨウ素による内部被ばくの評価(No,761(2019.2)) 
環境中空間線量率3次元分布計算システム(3D- ADRES)の研究開発-PHITSとリモートセンシングの融合による環境放
本栖湖の湖底堆積物の精密な放射性炭素年代測定が明らかにする富士山の噴火史(No.763(2019.6))
個人向け放射線線量計“D-シャトル”の開発(Vol.67,No.9(2018))
D-シャトルの概要とその応用について(Vol.67,No.9(2018))
個人積算線量計を用いた樹体における環境放射能の簡易測定手法の開発(Vol.67,No.9(2018))
市販パーツによる溜め池底質用放射性セシウム鉛直分布測定器(Vol.67,No.7(2018))
ベルトコンベヤー式非破壊放射性セシウム汚染検査機(Vol.67,No.2(2018))
β線測定用蛍光素材の開発(No,755(2018.2))
CT撮影による被ばく線量を評価するWebシステムWAZA-ARIv2の紹介(No,760(2018.12))
東北新幹線車両内での環境放射線測定-福島第一原発事故から7年目の線量率レベル-(No,759(2018.10))
放射線分布の3次元イメージング技術(No,757(2018.6))
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士の放射線被ばく管理(No,757(2018.6))
2016~2017年掲載論文・記事リスト
ゲルマニウム半導体検出器を用いた、水道水連続自動測定システムの開発(No.754(2017.12))
環境レベルのガンマ線線量標準について(No.754(2017.12))
感光性ガラス基板を用いた気体放射線イメージング検出器(No.754(2017.12))
重粒子線治療用ポリマーゲル線量計の開発(No.752(2017.8))
放射線施設における重量コンクリートの利用例(No.751(2017.6))
中学校及び高等学校理科教員養成のための高度放射線教育カリキュラムの開発(Vol.66,No.12(2017))
放射線化学を利用した線量計測と国際規格(Vol.66,No.11(2017))
放射線計測における基礎過程(Vol.66,No.11(2017))
放射線治療のための3次元ゲル線量計の開発と臨床応用(Vol.66,No.11(2017))
福島第一原子力発電所事故後の福島県北で放射性セシウムに汚染されたサクラ粗皮の除去による除染(Vol.66,No.9(20
窒素・炭素安定同位体を用いた新食物連鎖解析法-その現状と今後-(Vol.66,No.9(2017))
微量溶存窒素化合物の同位体比測定について-最新の測定技術とその応用-(Vol.66,No.9(2017))
炭素窒素安定同位体による食性分析の今後の展開(Vol.66,No.9(2017))
日本における223Ra放射能の国家標準の確立(Vol.66,No.7(2017))
放射線教育実験に有用な針陽極空気GM管の特性(Vol.66,No.6(2017))
福島第一原子力発電所事故前後の埼玉県における熱ルミネセンス線量計を用いた空間放射線量の測定(2008~2013年度)(V
マイクロドジメトリの観点から見た線量の不均一性(Vol.66,No.11(2017))
ウランを含む廃棄物ドラム缶のγ線スペクトルデータに対するランダムフォレスト法とサポートベクターマシン法の分類性能の比較(
線量測定-放射線化学の実験手法-(Vol.66,No.10(2017))
針陽極空気GM管の内部への試料挿入による各種理科実験(Vol.66,No.6(2017))
除染廃棄物中の放射性セシウム定量方法の検証(Vol.66,No.3(2017))
福島周辺における線量測定と評価に関する問題点 個人の外部被ばく線量評価の現状と課題(Vol.65,No.2(2016)
国家標準にトレーサブルな放射性セシウム分析用玄米認証標準物質の開発(Vol.65,No.4(2016))
放射性廃棄物中のU-235濃縮度の定量手法の検証(Vol.65,No.11(2016))
放射性セシウム分析用玄米粒認証標準物質の調製方法と保存方法の開発(Vol.65,No.4(2016))
玄米試料を用いた放射能測定の技能試験(Vol.65,No.4(2016))
教育用3次元X線CT装置の開発と利用(Vol.65,No.3(2016))
モニタリングポストのNaI(Tl)検出器で測定する波高分布から空気中131I濃度を推定するための換算係数の計算(Vol.
ガンマ線スペクトル解析におけるピーク探査と面積計算実態と今後のスペクトル解析のあるべき姿(Vol.65,No.6(201
CIEMATNIST法及びTDCR法による14Cの放射能測定(Vol.65,No.1(2016))
192Ir高線量率密封小線源の測定における線源形状補正係数の算出(Vol.68,No.9(2019))
低線量環境下での原木シイタケ栽培用ホダ木の放射能濃度の屋外検査用スクリーニング装置(Vol.68,No.5(2019))
活性炭素繊維フィルタに関する空気中のCH3[131I]の捕集効率とGM 管測定(Vol.68,No.11(2019))
活性炭ラドン収集器の校正係数の導出とその有効性評価(Vol.68,No.5(2019))
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第3回 陽電子放出核種(11C,13N,15O,18F)による内部被ばくのモニタリ
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第2回 軟β核種(3H,14C等)による内部被ばくの評価(No,763(2019.
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第1回 放射性ヨウ素による内部被ばくの評価(No,761(2019.2)) 
環境中空間線量率3次元分布計算システム(3D- ADRES)の研究開発-PHITSとリモートセンシングの融合による環境放
本栖湖の湖底堆積物の精密な放射性炭素年代測定が明らかにする富士山の噴火史(No.763(2019.6))
個人向け放射線線量計“D-シャトル”の開発(Vol.67,No.9(2018))
D-シャトルの概要とその応用について(Vol.67,No.9(2018))
個人積算線量計を用いた樹体における環境放射能の簡易測定手法の開発(Vol.67,No.9(2018))
市販パーツによる溜め池底質用放射性セシウム鉛直分布測定器(Vol.67,No.7(2018))
ベルトコンベヤー式非破壊放射性セシウム汚染検査機(Vol.67,No.2(2018))
β線測定用蛍光素材の開発(No,755(2018.2))
CT撮影による被ばく線量を評価するWebシステムWAZA-ARIv2の紹介(No,760(2018.12))
東北新幹線車両内での環境放射線測定-福島第一原発事故から7年目の線量率レベル-(No,759(2018.10))
放射線分布の3次元イメージング技術(No,757(2018.6))
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士の放射線被ばく管理(No,757(2018.6))
ゲルマニウム半導体検出器を用いた、水道水連続自動測定システムの開発(No.754(2017.12))
環境レベルのガンマ線線量標準について(No.754(2017.12))
感光性ガラス基板を用いた気体放射線イメージング検出器(No.754(2017.12))
重粒子線治療用ポリマーゲル線量計の開発(No.752(2017.8))
放射線施設における重量コンクリートの利用例(No.751(2017.6))
中学校及び高等学校理科教員養成のための高度放射線教育カリキュラムの開発(Vol.66,No.12(2017))
放射線化学を利用した線量計測と国際規格(Vol.66,No.11(2017))
放射線計測における基礎過程(Vol.66,No.11(2017))
放射線治療のための3次元ゲル線量計の開発と臨床応用(Vol.66,No.11(2017))
福島第一原子力発電所事故後の福島県北で放射性セシウムに汚染されたサクラ粗皮の除去による除染(Vol.66,No.9(20
窒素・炭素安定同位体を用いた新食物連鎖解析法-その現状と今後-(Vol.66,No.9(2017))
微量溶存窒素化合物の同位体比測定について-最新の測定技術とその応用-(Vol.66,No.9(2017))
炭素窒素安定同位体による食性分析の今後の展開(Vol.66,No.9(2017))
日本における223Ra放射能の国家標準の確立(Vol.66,No.7(2017))
放射線教育実験に有用な針陽極空気GM管の特性(Vol.66,No.6(2017))
福島第一原子力発電所事故前後の埼玉県における熱ルミネセンス線量計を用いた空間放射線量の測定(2008~2013年度)(V
マイクロドジメトリの観点から見た線量の不均一性(Vol.66,No.11(2017))
ウランを含む廃棄物ドラム缶のγ線スペクトルデータに対するランダムフォレスト法とサポートベクターマシン法の分類性能の比較(
線量測定-放射線化学の実験手法-(Vol.66,No.10(2017))
針陽極空気GM管の内部への試料挿入による各種理科実験(Vol.66,No.6(2017))
除染廃棄物中の放射性セシウム定量方法の検証(Vol.66,No.3(2017))
福島周辺における線量測定と評価に関する問題点 個人の外部被ばく線量評価の現状と課題(Vol.65,No.2(2016)
国家標準にトレーサブルな放射性セシウム分析用玄米認証標準物質の開発(Vol.65,No.4(2016))
放射性廃棄物中のU-235濃縮度の定量手法の検証(Vol.65,No.11(2016))
放射性セシウム分析用玄米粒認証標準物質の調製方法と保存方法の開発(Vol.65,No.4(2016))
玄米試料を用いた放射能測定の技能試験(Vol.65,No.4(2016))
教育用3次元X線CT装置の開発と利用(Vol.65,No.3(2016))
モニタリングポストのNaI(Tl)検出器で測定する波高分布から空気中131I濃度を推定するための換算係数の計算(Vol.
ガンマ線スペクトル解析におけるピーク探査と面積計算実態と今後のスペクトル解析のあるべき姿(Vol.65,No.6(201
CIEMATNIST法及びTDCR法による14Cの放射能測定(Vol.65,No.1(2016))
放射線を面で捉える 地上の測定(Vol.65,No.2(2016))
放射線を面で捉える 水中の測定(Vol.65,No.1(2016))
放射線を面で捉える 空からの測定(Vol.64,No.12(2015))
環境試料中放射性ストロンチウム、セシウム分析法(No.740(2015.12))
内部被ばくの評価 空気中放射能濃度測定法(Vol.63,No.(2014))5
内部被ばくの評価 バイオアッセイ法(Vol.63,No.5(2014))
内部被ばくの評価 体外計測法による評価(Vol.63,No.5(2014))
放射線防護計測機器の工業標準化動向 (Vo.718(2014.2))
福島原発事故に関わる核種分析の実際(No.695(2012.3))
サーベイメータの特性と取り扱い(No.694(2012.2))
疫学研究から見た低線量放射線の影響ー専門家による説明が異なるのはなぜかー(No.693(2012.1))
福島第一原発の事故とサーベイメータを用いた放射能汚染測定について(No.690(2011.10))
自然起源の放射性物質とそれを用いた製品について―世界の動向と研究事例ー(No.672(2010.4))
自然放射性物質を含む物質・製品について―ガイドラインを踏まえた取扱いー(No.672(2010.4))
放射線障害防止法における表示付認証機器の取扱い(No.670(2010.2))
放射線障害防止法における放射性同位元素の下限数量の考え方(No.669(2010.1))
放射線作業環境用測定機器(Vol.55,No5(2006))
作業環境測定の現状と測定法(Vol.55,No.4(2006))
人事院規則から電離放射線障害防止規則へ(国立大学等の法人化に対応して)(Vol.55,No.4(2006))
SPring-8における放射線管理(Vol.57,No.5(2008))
理研RIビームファクトリーの放射線管理(Vol.57,No.4(2008))
J-PARCにおける放射線安全対策とその管理(Vol.57,No.4(2008))
医療用高エネルギーβ線源(89Sr,90Y)測定のための井戸型電離箱の校正(No.648(2008.4))
放射性廃棄物の取扱い(No.647(2008.3))
PET検査における被ばく管理(No.624(2006.4))
PETセンターにおける医療従事者の被ばく線量低減の試み(No.623(2006.3))
JIS Z 4511の改正と実用測定器校正に関する現状と今後のあり方(その1)(Vol.53,No.3(2004))
放射線・放射能標準のトレーサビリティ(Vol.53,No.2(2004))
実用測定器校正に関するトレーサビリティの現状と今後の運用のあり方について(Vol.53,No.2(2004))
JIS Z 4511の改正と実用測定器校正に関する現状と今後のあり方(その2)(Vol.53,No.4(2004))
電子式個人被ばく線量計と入退域管理システム(Vol.51,No.4(2002))
光刺激ルミネセンス(OSL)線量計ー測定原理、開発からシステム運用まで-(Vol.51,No.3(2002))
個人被ばく線量計の先金の展開 蛍光ガラス線量計(Vol.51,No.2(2002))
個人被ばく線量計の最近の展開(Vol.51,No.2(2002))
放射線防護を機器を中心とした規格について(Vol.49,No.3(2000))
国際標準化機構の放射線防護に係る規格について(Vol.49,No.4(2000))
国際規格の制定の意義と手順、および放射線検出器、マルチチャンネル波高分析器~(Vol.49,No.2(2000))
自然放射性物質の考え方(No.600(2004.4))
関連して取入れ・改正された項目の意味合い(No.599(2004.3))
免除レベルの放射線防護上の意味合い (No.598(2004.2))
管理システムの更新 (No.576(2002.4))
管理区域の見直し・遮へい計算の実際 (No.575(2002.3))
空間線量測定法の実際 (No.574(2002.2))
放射線管理計測・防護計測における波形弁別技術の応用(Vol.47,No.3(1998))
位置感応型検出器とその利用(Vol.47,No2(1998))
ポータブル放射線測定器の最近の進歩(Vol.47,No.4(1998))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 病院施設(Vol.45,No2(1996))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 設備機器と放射線防護(Vol.45,No.2(1996))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 研究施設(Vol.45,No2(1996))
照射施設と防護機器 加速器利用施設における放射線防護対策(Vol.45,No.3(1996))
照射施設と防護機器 RI線源照射施設の放射線防護対策(Vol.45,No.3(1996))
教育訓練(Vol.43,No.5(1994))
放射線防護用機器5.個人線量管理(Vol.43,No.4(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用6.電離放射線健康診断におけるパーソナルコンピュータの利用(Vol.43,No.5(1
放射線管理におけるコンピュータ利用4.環境モニタリング(Vol.43,No.4(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用3.ラジオアイソトープの管理(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用2.管理区域入退管理(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用1.総論(Vol.43,No.3(1994))
放射能の測定とモニタリング(Vol.41,No.3(1992))
安全取扱と関連設備機器・用具等の使用法(Vol.41,No.4(1992))
放射線の測定と関連機器の使用法(Vol.41,No.2(1992))
放射線防護計測における最近の進歩と課題内部被曝モニタリング(Vol.39,No.4(1990))
放射線防護計測における最近の進歩と課題外部被曝線量の評価(中性子線)(Vol.39,No.3(1990))
放射線防護計測における最近の進歩と課題外部被曝線量の評価(x・γ線、β線)(Vol.39,No.2(1990))
放射線防護設備・機器の特性と使用法(2)(Vol.37,No.3(1988))
放射線防護設備・機器の特性と使用法(1)(Vol.37,No.2(1988))
廃棄物処理装置の特性と使用法(Vol.37,No.4(1988))
身体表面および体内放射能モニタの特性と使用法(Vol.35,No.4(1986))
エリアモニタ・水モニタの特性と使用法(Vol.35,No.2(1986))
ダストモニタ・ガスモニタの特性と使用法(Vol.35,No.3(1986))
個人モニタの特性と使用法(Vol.33,No.3(1984))
サーベイメータの特性と使用方法(1)(Vol.33,No.4(1984))
サーベイメータの特性と使用方法(2)(Vol.33,No.5(1984))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅱ)(Vol.30,No.10(1981))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅲ)(Vol.30,No.11(1981))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅰ)(Vol.30,No.9(1981))
2018~2019年 掲載論文・記事リスト
192Ir高線量率密封小線源の測定における線源形状補正係数の算出(Vol.68,No.9(2019))
低線量環境下での原木シイタケ栽培用ホダ木の放射能濃度の屋外検査用スクリーニング装置(Vol.68,No.5(2019))
活性炭素繊維フィルタに関する空気中のCH3[131I]の捕集効率とGM 管測定(Vol.68,No.11(2019))
活性炭ラドン収集器の校正係数の導出とその有効性評価(Vol.68,No.5(2019))
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第3回 陽電子放出核種(11C,13N,15O,18F)による内部被ばくのモニタリ
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第2回 軟β核種(3H,14C等)による内部被ばくの評価(No,763(2019.
内部被ばくの簡易測定(スクリーニング)第1回 放射性ヨウ素による内部被ばくの評価(No,761(2019.2)) 
環境中空間線量率3次元分布計算システム(3D- ADRES)の研究開発-PHITSとリモートセンシングの融合による環境放
本栖湖の湖底堆積物の精密な放射性炭素年代測定が明らかにする富士山の噴火史(No.763(2019.6))
個人向け放射線線量計“D-シャトル”の開発(Vol.67,No.9(2018))
D-シャトルの概要とその応用について(Vol.67,No.9(2018))
個人積算線量計を用いた樹体における環境放射能の簡易測定手法の開発(Vol.67,No.9(2018))
市販パーツによる溜め池底質用放射性セシウム鉛直分布測定器(Vol.67,No.7(2018))
ベルトコンベヤー式非破壊放射性セシウム汚染検査機(Vol.67,No.2(2018))
β線測定用蛍光素材の開発(No,755(2018.2))
CT撮影による被ばく線量を評価するWebシステムWAZA-ARIv2の紹介(No,760(2018.12))
東北新幹線車両内での環境放射線測定-福島第一原発事故から7年目の線量率レベル-(No,759(2018.10))
放射線分布の3次元イメージング技術(No,757(2018.6))
国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士の放射線被ばく管理(No,757(2018.6))
2016~2017年掲載論文・記事リスト
ゲルマニウム半導体検出器を用いた、水道水連続自動測定システムの開発(No.754(2017.12))
環境レベルのガンマ線線量標準について(No.754(2017.12))
感光性ガラス基板を用いた気体放射線イメージング検出器(No.754(2017.12))
重粒子線治療用ポリマーゲル線量計の開発(No.752(2017.8))
放射線施設における重量コンクリートの利用例(No.751(2017.6))
中学校及び高等学校理科教員養成のための高度放射線教育カリキュラムの開発(Vol.66,No.12(2017))
放射線化学を利用した線量計測と国際規格(Vol.66,No.11(2017))
放射線計測における基礎過程(Vol.66,No.11(2017))
放射線治療のための3次元ゲル線量計の開発と臨床応用(Vol.66,No.11(2017))
福島第一原子力発電所事故後の福島県北で放射性セシウムに汚染されたサクラ粗皮の除去による除染(Vol.66,No.9(20
窒素・炭素安定同位体を用いた新食物連鎖解析法-その現状と今後-(Vol.66,No.9(2017))
微量溶存窒素化合物の同位体比測定について-最新の測定技術とその応用-(Vol.66,No.9(2017))
炭素窒素安定同位体による食性分析の今後の展開(Vol.66,No.9(2017))
日本における223Ra放射能の国家標準の確立(Vol.66,No.7(2017))
放射線教育実験に有用な針陽極空気GM管の特性(Vol.66,No.6(2017))
福島第一原子力発電所事故前後の埼玉県における熱ルミネセンス線量計を用いた空間放射線量の測定(2008~2013年度)(V
マイクロドジメトリの観点から見た線量の不均一性(Vol.66,No.11(2017))
ウランを含む廃棄物ドラム缶のγ線スペクトルデータに対するランダムフォレスト法とサポートベクターマシン法の分類性能の比較(
線量測定-放射線化学の実験手法-(Vol.66,No.10(2017))
針陽極空気GM管の内部への試料挿入による各種理科実験(Vol.66,No.6(2017))
除染廃棄物中の放射性セシウム定量方法の検証(Vol.66,No.3(2017))
福島周辺における線量測定と評価に関する問題点 個人の外部被ばく線量評価の現状と課題(Vol.65,No.2(2016)
国家標準にトレーサブルな放射性セシウム分析用玄米認証標準物質の開発(Vol.65,No.4(2016))
放射性廃棄物中のU-235濃縮度の定量手法の検証(Vol.65,No.11(2016))
放射性セシウム分析用玄米粒認証標準物質の調製方法と保存方法の開発(Vol.65,No.4(2016))
玄米試料を用いた放射能測定の技能試験(Vol.65,No.4(2016))
教育用3次元X線CT装置の開発と利用(Vol.65,No.3(2016))
モニタリングポストのNaI(Tl)検出器で測定する波高分布から空気中131I濃度を推定するための換算係数の計算(Vol.
ガンマ線スペクトル解析におけるピーク探査と面積計算実態と今後のスペクトル解析のあるべき姿(Vol.65,No.6(201
CIEMATNIST法及びTDCR法による14Cの放射能測定(Vol.65,No.1(2016))
1980~2015年掲載論文・記事リスト
JIS Z 4511の改正と実用測定器校正に関する現状と今後のあり方(その1)(Vol.53,No.3(2004))
放射線・放射能標準のトレーサビリティ(Vol.53,No.2(2004))
実用測定器校正に関するトレーサビリティの現状と今後の運用のあり方について(Vol.53,No.2(2004))
JIS Z 4511の改正と実用測定器校正に関する現状と今後のあり方(その2)(Vol.53,No.4(2004))
電子式個人被ばく線量計と入退域管理システム(Vol.51,No.4(2002))
光刺激ルミネセンス(OSL)線量計ー測定原理、開発からシステム運用まで-(Vol.51,No.3(2002))
個人被ばく線量計の先金の展開 蛍光ガラス線量計(Vol.51,No.2(2002))
個人被ばく線量計の最近の展開(Vol.51,No.2(2002))
放射線防護を機器を中心とした規格について(Vol.49,No.3(2000))
国際標準化機構の放射線防護に係る規格について(Vol.49,No.4(2000))
国際規格の制定の意義と手順、および放射線検出器、マルチチャンネル波高分析器~(Vol.49,No.2(2000))
放射線管理計測・防護計測における波形弁別技術の応用(Vol.47,No.3(1998))
位置感応型検出器とその利用(Vol.47,No2(1998))
ポータブル放射線測定器の最近の進歩(Vol.47,No.4(1998))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 病院施設(Vol.45,No2(1996))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 設備機器と放射線防護(Vol.45,No.2(1996))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 研究施設(Vol.45,No2(1996))
照射施設と防護機器 加速器利用施設における放射線防護対策(Vol.45,No.3(1996))
照射施設と防護機器 RI線源照射施設の放射線防護対策(Vol.45,No.3(1996))
教育訓練(Vol.43,No.5(1994))
放射線防護用機器5.個人線量管理(Vol.43,No.4(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用6.電離放射線健康診断におけるパーソナルコンピュータの利用(Vol.43,No.5(1
放射線管理におけるコンピュータ利用4.環境モニタリング(Vol.43,No.4(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用3.ラジオアイソトープの管理(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用2.管理区域入退管理(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用1.総論(Vol.43,No.3(1994))
放射能の測定とモニタリング(Vol.41,No.3(1992))
安全取扱と関連設備機器・用具等の使用法(Vol.41,No.4(1992))
放射線の測定と関連機器の使用法(Vol.41,No.2(1992))
放射線防護計測における最近の進歩と課題内部被曝モニタリング(Vol.39,No.4(1990))
放射線防護計測における最近の進歩と課題外部被曝線量の評価(中性子線)(Vol.39,No.3(1990))
放射線防護計測における最近の進歩と課題外部被曝線量の評価(x・γ線、β線)(Vol.39,No.2(1990))
放射線防護設備・機器の特性と使用法(2)(Vol.37,No.3(1988))
放射線防護設備・機器の特性と使用法(1)(Vol.37,No.2(1988))
廃棄物処理装置の特性と使用法(Vol.37,No.4(1988))
身体表面および体内放射能モニタの特性と使用法(Vol.35,No.4(1986))
エリアモニタ・水モニタの特性と使用法(Vol.35,No.2(1986))
ダストモニタ・ガスモニタの特性と使用法(Vol.35,No.3(1986))
個人モニタの特性と使用法(Vol.33,No.3(1984))
サーベイメータの特性と使用方法(1)(Vol.33,No.4(1984))
サーベイメータの特性と使用方法(2)(Vol.33,No.5(1984))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅱ)(Vol.30,No.10(1981))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅲ)(Vol.30,No.11(1981))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅰ)(Vol.30,No.9(1981))
放射線作業環境用測定機器(Vol.55,No5(2006))
作業環境測定の現状と測定法(Vol.55,No.4(2006))
人事院規則から電離放射線障害防止規則へ(国立大学等の法人化に対応して)(Vol.55,No.4(2006))
自然放射性物質の考え方(No.600(2004.4))
関連して取入れ・改正された項目の意味合い(No.599(2004.3))
免除レベルの放射線防護上の意味合い (No.598(2004.2))
管理システムの更新 (No.576(2002.4))
管理区域の見直し・遮へい計算の実際 (No.575(2002.3))
空間線量測定法の実際 (No.574(2002.2))
SPring-8における放射線管理(Vol.57,No.5(2008))
理研RIビームファクトリーの放射線管理(Vol.57,No.4(2008))
J-PARCにおける放射線安全対策とその管理(Vol.57,No.4(2008))
医療用高エネルギーβ線源(89Sr,90Y)測定のための井戸型電離箱の校正(No.648(2008.4))
放射性廃棄物の取扱い(No.647(2008.3))
PET検査における被ばく管理(No.624(2006.4))
PETセンターにおける医療従事者の被ばく線量低減の試み(No.623(2006.3))
内部被ばくの評価 空気中放射能濃度測定法(Vol.63,No.(2014))5
内部被ばくの評価 バイオアッセイ法(Vol.63,No.5(2014))
内部被ばくの評価 体外計測法による評価(Vol.63,No.5(2014))
放射線防護計測機器の工業標準化動向 (Vo.718(2014.2))
福島原発事故に関わる核種分析の実際(No.695(2012.3))
サーベイメータの特性と取り扱い(No.694(2012.2))
疫学研究から見た低線量放射線の影響ー専門家による説明が異なるのはなぜかー(No.693(2012.1))
福島第一原発の事故とサーベイメータを用いた放射能汚染測定について(No.690(2011.10))
自然起源の放射性物質とそれを用いた製品について―世界の動向と研究事例ー(No.672(2010.4))
自然放射性物質を含む物質・製品について―ガイドラインを踏まえた取扱いー(No.672(2010.4))
放射線障害防止法における表示付認証機器の取扱い(No.670(2010.2))
放射線障害防止法における放射性同位元素の下限数量の考え方(No.669(2010.1))
放射線を面で捉える 地上の測定(Vol.65,No.2(2016))
放射線を面で捉える 水中の測定(Vol.65,No.1(2016))
放射線を面で捉える 空からの測定(Vol.64,No.12(2015))
環境試料中放射性ストロンチウム、セシウム分析法(No.740(2015.12))