非密封線源取扱施設の設計と防護機器 研究施設(Vol.45,No2(1996))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 病院施設(Vol.45,No2(1996))
非密封線源取扱施設の設計と防護機器 設備機器と放射線防護(Vol.45,No.2(1996))
照射施設と防護機器 RI線源照射施設の放射線防護対策(Vol.45,No.3(1996))
照射施設と防護機器 加速器利用施設における放射線防護対策(Vol.45,No.3(1996))
位置感応型検出器とその利用(Vol.47,No2(1998))
放射線管理計測・防護計測における波形弁別技術の応用(Vol.47,No.3(1998))
ポータブル放射線測定器の最近の進歩(Vol.47,No.4(1998))
国際規格の制定の意義と手順、および放射線検出器、マルチチャンネル波高分析器~(Vol.49,No.2(2000))
放射線防護を機器を中心とした規格について(Vol.49,No.3(2000))
国際標準化機構の放射線防護に係る規格について(Vol.49,No.4(2000))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅰ)(Vol.30,No.9(1981))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅱ)(Vol.30,No.10(1981))
放射線施設における放射線防護用設備・機器の利用(Ⅲ)(Vol.30,No.11(1981))
個人モニタの特性と使用法(Vol.33,No.3(1984))
サーベイメータの特性と使用方法(1)(Vol.33,No.4(1984))
サーベイメータの特性と使用方法(2)(Vol.33,No.5(1984))
エリアモニタ・水モニタの特性と使用法(Vol.35,No.2(1986))
ダストモニタ・ガスモニタの特性と使用法(Vol.35,No.3(1986))
身体表面および体内放射能モニタの特性と使用法(Vol.35,No.4(1986))
放射線防護設備・機器の特性と使用法(1)(Vol.37,No.2(1988))
放射線防護設備・機器の特性と使用法(2)(Vol.37,No.3(1988))
廃棄物処理装置の特性と使用法(Vol.37,No.4(1988))
放射線防護計測における最近の進歩と課題外部被曝線量の評価(x・γ線、β線)(Vol.39,No.2(1990))
放射線防護計測における最近の進歩と課題内部被曝モニタリング(Vol.39,No.4(1990))
放射線防護計測における最近の進歩と課題外部被曝線量の評価(中性子線)(Vol.39,No.3(1990))
放射線の測定と関連機器の使用法(Vol.41,No.2(1992))
放射能の測定とモニタリング(Vol.41,No.3(1992))
安全取扱と関連設備機器・用具等の使用法(Vol.41,No.4(1992))
放射線管理におけるコンピュータ利用1.総論(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用2.管理区域入退管理(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用3.ラジオアイソトープの管理(Vol.43,No.3(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用4.環境モニタリング(Vol.43,No.4(1994))
放射線防護用機器5.個人線量管理(Vol.43,No.4(1994))
放射線管理におけるコンピュータ利用6.電離放射線健康診断におけるパーソナルコンピュータの利用(Vol.43,No.5(1
教育訓練(Vol.43,No.5(1994))
人事院規則から電離放射線障害防止規則へ(国立大学等の法人化に対応して)(Vol.55,No.4(2006))
作業環境測定の現状と測定法(Vol.55,No.4(2006))
放射線作業環境用測定機器(Vol.55,No5(2006))